太田氏概説
太田氏家紋=梨 クリックすると拡大できます。◆太田氏 (常陸平氏大掾氏流東條氏裔)
 家紋: 梨 (水戸9代藩主徳川齋昭より下賜)

太田氏は、常陸平氏東條氏族のうち東條太田(茨城県稲敷市下太田・太田)を領した一流が織豊後期、豊臣秀吉方芦名盛重との合戦で滅んだとき、男
(むすこ)の助衞門が生き残り太田に改姓して初代となる(『太田氏系図(PDF)』)。
初代助衛門の男、一有は寛永期に水戸初代藩主徳川頼房(威公)に細工人として出仕、2代藩主徳川光圀(義公)に重用されて太田氏の興隆を果たし、また常陸平氏東條氏再興の礎を築く。裔は幕末まで同職を世襲し、維新を経て現在へ至る。

桓武平氏葛原親王流(PDF)は二流に分かれ、一つは長男高棟王が父の臣籍降下と同年天長2年
(825)に平姓を賜わり、裔が京の中級貴族となって高倉天皇母滋子(後白河女御)、平清盛妻時子へつながる。
二つ目は、次男高見王の男高望王が寛平2年
(890)5月12日に平姓を賜わり、昌泰元年(898)4月上総介に任じられて下向し、任期満了後も留住して裔が坂東各地で繁栄した系統で、常陸平氏はこれに属す。平高望は各地の豪族と結び、上総、下総、常陸に広大な私有田を開発、長男國香は常陸大掾源護との姻戚関係から真壁郡石田(筑西市東石田)へ本拠を移し、常陸大掾、鎮守府将軍となって筑波郡、真壁郡、新治郡一帯を統治した。
國香の長男貞盛は常陸大掾職を継ぐとともに官職を得て京にあったが、源護を含む常陸平氏一族の内訌で父國香を従兄弟の平将門に殺され、藤原秀郷の協力を得てこの「平将門の乱」を鎮定する。その功により昇進して近畿に所領を獲得、裔が繁栄して平清盛へ繋がる平氏の主流伊勢平氏へと発展する。
一方、平貞盛の弟繁盛は常陸國に留まり、貞盛は繁盛の男維幹を養子として常陸國内の全所領と官職を譲渡した。維幹は筑波郡水守(つくば市水守)多気(つくば市北条)に館を持ち経営に励んで常陸平氏祖となる。爾来、常陸平氏は維幹の「幹」を通字とする。維幹から4代後の直幹は平安後期、その男4兄弟のうち長男を除く3子へ常陸國の所領を割譲した。次男、3男は早世と見られ、先ず4男が仁平元年
(1151)以前に下妻を領し下妻四郎弘幹と称す。5男は永暦元年(1160)頃、信太郡(文禄4年(1595)から河内郡)東條五郷(小野(稲敷市小野)・朝夷(稲敷市下根本)・高田(稲敷市高田)・乗浜(稲敷市神宮寺・阿波)・稲敷(龍ヶ崎市八代町)を領し東條五郎左衞門尉忠幹と称して東條太田城を築き東條氏祖となる。6男は承安2年(1172)に真壁を領し真壁六郎長幹と称す。最後に長男は安元2年(1176)、父母を殺害(『吉記』6月18日条(『龍ヶ崎市史 中世編』60頁))して常陸大掾職と多気の領地を相続し多気太郎義幹と称す。多気義幹は鎌倉初期の建久4年(1193)に小田氏祖八田知家に謀られ源頼朝により同年6月12日に放逐されるも相模國へ移って芹澤氏を興し、裔が常陸國へ戻り現在へ至る。下妻弘幹は同年12月13日、頼朝の命により八田知家に斬られて滅亡。東條忠幹は東條太田城を本拠とし、2代兵部丞光幹、3代孫五郎清幹、4代三郎致幹までは世次明確なるも、諸家が分立し5代目以降は嫡流が不明となる。真壁氏は各時代の勝ち組へ付くことができ現在へ至る。
治承から文治の源平争乱では坂東諸平氏の多くが頼朝に与する中にあって東條氏は非協力的な態度を貫き、寿永2年
(1183)の志太義廣の反乱では義廣に与して一時的とはいえ敵対したため鎌倉幕府から冷遇され、佐竹氏・小田氏・北條氏らから圧迫された東條氏は、領地へ東條高田氏・東條大沼氏・東條社氏など複数の分家を配置して嫡流を不明確にし、幕府御家人の國井氏・中郡(ちゅうぐん)氏・那珂氏らと姻戚関係を構築し、加えて康元元年(1256)8月以前に東條の地を熊野新宮速玉社へ寄進・立荘する等の対策を講じて所領確保に努め鎌倉期を乗り切る。
南北朝内乱初期の東條荘は全盛期を迎えた東條氏の統治が確立していたが、延元元年(北朝建武3年)
(1336)北朝方足利尊氏が高田郷を佐佐木定宗へ宛行。高田郷を没収された東條氏は南朝へ靡き、備えとして神宮寺城を築く。延元2年(北朝建武4年)(1337)常陸南朝勢は東條太田城に挙兵。延元3年(北朝暦應元年)(1338)9月、南朝の准后北畠親房は勢力立直しのため約500艘の大船団で伊勢から陸奥へ向かうも遠州灘で台風に遭い船団は四散、親房ら数百は東條浦(稲敷市桜川地区)へ漂着。東條氏(能登守か)の案内で神宮寺城へ依った。同年10月5日、北朝方の佐竹義篤が大掾高幹、鹿島幹寛・幹重父子、烟田時幹、宮崎幹顕ら(全て常陸平氏)を糾合して霞ヶ浦を渡り来攻。神宮寺城は程なく落城。親房主従は阿波崎城へ移り、救援の小田治久により小田城へ入る。興國2年(北朝暦應4年)(1341)9月17日、北朝方屋代彦七信経・別府幸實らが信太荘佐倉楯(稲敷市佐倉)・河内郡馴馬楯(龍ヶ崎市馴馬町)・東條太田城・龜谷城(稲敷市羽賀(諸説あり))を攻略。同年10月5日、東條氏は余力を残して北朝方に降伏。
南北朝内乱で衰弱するも一定の勢力を保った東條氏は文明13年
(1481)5月5日の常陸小鶴原の合戦で大掾氏、後北條氏、真壁氏、笠間氏らと共に小田成治に従って水戸の江戸氏を攻める。
一方、嘉慶元年(北朝元中4年)
(1387)頃、美濃国守護土岐氏庶流の原刑部少輔秀成が関東管領山内上杉憲方の被官として江戸崎へ移住し信太庄惣政所を開設。土岐原氏を名乗り江戸崎土岐氏祖となる。江戸崎城を築いて本拠とする土岐原氏は明応6年(1497)5月17日、4代景成が嗣子なく没したため内紛が発生。永正7年(1510)頃、江戸崎城は土岐原氏一部家臣の内通により小田成治に横領された可能性あり。永正年中(1504~1520)、土岐原氏家臣が美濃国守護である本家土岐政房の3男治頼を養子として迎え江戸崎土岐氏5代当主とする。
大永3年
(1523)3月9日の屋代城合戦で、土岐原治頼・近藤勝秀・臼田河内守ら山内上杉氏方が、信太氏・多賀谷氏・真壁氏・小弓公方ら小田政治勢に勝利。これを機に土岐原治頼が信太・東條・河内の旧領奪回を開始。江戸崎城を奪還した土岐氏は、勢力強化策の一環として遅くとも天文22年(1553)までに東條氏と姻戚関係を結び麾下に組み入れて東條太田城は土岐氏の支城となる。
天文11年
(1542)、土岐原治頼の兄美濃国守護土岐頼芸が守護代斉藤道三から最初の攻撃を受ける。頼芸は土岐原治頼の子治英へ系圖と鷲の絵を贈る。天文12年(1543)、頼芸は治頼に家牒を譲り土岐家総領たることを許す。治頼は、治英の代から土岐氏に復すことを決断したとされる。天文21年(1552)、頼芸は斉藤道三から三度目の攻撃を受けて美濃を逐われ、一時織田信長に匿われる。
小田氏との抗争と内紛で疲弊した土岐氏は常陸國の北の雄である佐竹氏の南下政策に対抗するため後北條氏と同盟したことから、豊臣秀吉による小田原征伐に伴う常陸の合戦で秀吉方佐竹義宣の弟蘆名盛重に率いられた神野覚助に攻められる。このとき東條太田城最後の城主土岐頼英は幼少のため父治綱の江戸崎城に詰めていたと見られ、僅かな守備隊が守る東條太田城は天正18年
(1590)3月25日(推測)に東條弾正が討たれ落城。東條氏族の生き残りは各地へ敗走。江戸崎城は同年5月20に開城し土岐氏は家臣と共に帰農して命脈を保つ。
明智憲三郎氏によれば、本能寺の変は信長による徳川家康殺害計画を土岐氏傍流の明智光秀が土岐氏存続をかけて利用したものとされ、後に家康が土岐頼英と誼を通じたり、土岐氏後裔を厚遇したりしたのは光秀に命を救われた恩義を感じていたことによるものと理解できる。

東條改太田氏については『常陸誌料平氏譜 一』(宮本茶村編纂)(国立公文書館蔵)に「天正16年
(1588)3月付『誓書』を根拠として東條兵庫幹要がおり、『太田九藏系図』を根拠として裔が太田へ改姓した」とある。茶村が参照した『太田九藏系図』は散逸したが、『太田氏系図(PDF)』で太田一有の裔が一様に「九藏」の名を継承していることから、両者は同一と見られる。『太田氏系図(PDF)』に於て、東條兵庫幹要の男彈正某が「天正年中蘆名盛重と戦って一家滅亡し、彈正某の男助衞門が太田へ改姓して江戸に住した」としている。
天正、文禄と、江戸に潜む太田氏初代助衞門に慶長11年
(1606)一有が誕生。一有は、寛永期中(1624~1644)水戸初代藩主徳川頼房に細工人太田九藏家として出仕した(『太田氏系図(PDF)』および『寛文規式帳(水府御規式分限)(寛文九年(1669)正月)』(『水城金鑑』(小宮山楓軒編纂)所収彰考館文庫蔵))。太田道灌の後裔で徳川家康側室の英勝院は家康11男頼房の養母であり、英勝院が頼房や3代将軍徳川家光の支援を得て開いた鎌倉英勝寺仏殿建立が寛永13年(1636)、伽藍の整備が寛永20年(1643)頼房父子により行なわれたので、一有がこれに関わった可能性がある。
寛文元年
(1661)光圀が2代藩主となり一有は引き続き出仕。寛文5年(1665)光圀は明の遺臣朱舜水を招聘し父頼房が中屋敷として造営した小石川藩邸を上屋敷として整備。庭園の潤色に朱舜水の意見を採用。「後楽園」は朱舜水の命名。「後楽記事(Note 1)」によれば、唐門扁額の題字「後楽園」は朱舜水の筆にして太田九藏(一有)が彫刻せるものとされる。一有は取り分け光圀に重用され、光圀20歳頃と50歳の義公假面を彫刻(常陸太田市久昌寺に現存)し、それを原型として道服姿の義公塑像を制作した。光圀50歳の假面は延寶5年(1677)に制作し、72歳の一有はこれを機に致仕して長男歳勝へ家督を譲る。
元祿4年
(1691)光圀西山荘へ隠棲すると、一有西山荘近傍の白坂(しらさか)近臣23名の一人として屋敷を与えられる(『常磐物語』明治30年(1897)栗田寛)(『水戸義公傳』明治44年(1911)佐藤進著)。
元祿6年
(1693)、88歳の一有は光圀に命ぜられ桂村高久(茨城県東茨城郡城里町高久)の鹿嶋神社に祀られ傷みが激しかった悪路王頭形を修理している。一有は元祿10年(1697)白坂で没。享年91歳。その妻も元禄12年(1699)白坂で没。元祿13年(1700)に73歳の光圀西山荘で没すると、歳勝は水戸城下の天王町へ転居する。
一有の次男常言は祖父の旧姓東條へ復して分家し、常陸平氏東條氏が再興された。東條常言は延寶(延宝)7年
(1679)水戸藩へ細工人として出仕。光圀の命で菅原道真木像を制作し、光圀は常陸國那珂湊天満宮へ元禄8年(1695)春に御神体として奉納した。那珂湊天満宮に現存。後に歩行士へ転じた常言の男常信は享保14年(1729)「江戸矢倉奉行」へ進み、その長男常房鎌倉英勝寺へ生涯に都合3回出張した。しかし継嗣が絶え、水戸藩東條氏は寛政5年(1793)に絶家となる。
太田氏3代目九藏歳勝は細工人として出仕するも天和3年(1681)歩行士へ転じ、光圀の発意で開始された史書(正徳5年(1715)から『大日本史』と称す)編纂事業に於いて元祿8年(1695)から同14年(1701)の間、佐々介三郎らと共に安積覺兵衛中村篁渓らと複数の『往復書案』(8通が現存)(京都大学文学部蔵)を交わしている。
西山荘は、光圀没後間もない寶永2年
(1705)、水戸3代藩主德川綱條から藩財政の再建を託された松波勘十郎により一部は江戸へ移築され、御殿は取り壊されて一旦は消滅する。西山荘に安置されていた太田九藏一有作の義公塑像は享保元年(1716)光圀17回忌にあたり綱條が西山の地に建てた惠日庵(えにちあん)へ遷され、以後100年間、代々の久昌寺住職により守られたが文化14年(1817)、野火により惠日庵とともに焼失した。西山荘は、徳川齋昭の兄である水戸8代藩主徳川齋脩が文政2年(1819)に規模を縮小して再建し現在へ至る。
太田氏6代目九藏歳永に関しては、文化6年
(1809)付の寒水石(Note 2)の扱いに関する太田九蔵書状および覚書が茨城大学図書館に現存する。
文政12年
(1829)に水戸9代藩主となった徳川齋昭(烈公)は、天保5年(1834)久昌寺所蔵の義公假面に基づいて道服姿の義公塑像を再造するよう細工人に命じ、西山荘に現存する。
天保7年
(1836)9月10日、齋昭は経費節減のため江戸詰の藩士を水戸へ移すべく、陸田となっていた嘗ての新屋敷を武家屋敷地として再開発した。太田氏7代目太田九藏歳松夫妻、男の藏吉、そしてその姉は、天王町から新屋敷花小路(新荘3丁目)へ転居する。齋昭が下士を取り立て藩政改革を強行して保守門閥派との軋轢が強まる中、太田氏8代目太田九藏藏吉は齋昭から家紋(Note 3)と大小(PDF)を賜わる。
萬延(万延)元年
(1860)8月に齋昭が没すると保守門閥派(諸生派)が復活・台頭し、水戸藩士にとっては藩史上最大の悲劇となる天狗争乱へ突き進む。
文久元年
(1861)8月、数軒先新屋敷楓小路(新荘2丁目)の三宅八三郎家から五女きむが藏吉へ入籍し、天狗争乱の最中元治元年(1864)8月に捨吉が誕生するが、父の藏吉は『慶應元年(1865)10月25日の一件』(『南梁年録巻87』(小宮山南梁)(国立国会図書館蔵))に連座する。口碑は、「連座は妬みによる讒言」とする。
慶應元年10月25日から明治中期までの生活はきむが支え、太田氏を再興したのは9代目捨吉だった。慶應3年
(1867)、父藏吉が若くして没したため弱冠4歳で家督を継いだ捨吉は母きむの庇護の下、勉学に励み、長じて水戸の警察官となる。きむが大正7年(1918)捨吉が大正8年(1919)に相継いで没すると、その妻ゑい、長男、4男茂(長女・次男・3男は夭逝)は横濱へ転居する。

太田氏略系図 クリックすると「桓武平氏略系図(PDF)」を表示します。

Note 1: 「後楽記事」 = 元文元年(1736)源信興著
Note 2: [語句説明] 広辞苑によれば、つぎのとおりです。
寒水石 = 茨城県久慈郡・多賀郡で掘り出した結晶質石灰岩。白色から緑灰色、しばしば縞模様。建築・装飾用。
Note 3: 当家家紋「梨」は、元は「桔梗」ではなかったか。それを殿様(徳川齋昭)がアレンジしたと推測される。
外部リンク: 新宮熊野速玉大社
各地区公式サイト: 茨城県筑西市つくば市稲敷市龍ヶ崎市水戸市ひたちなか市城里町
常陸太田市常陸太田市教育委員会常陸太田市郷土資料館文化財ガイド文化財一覧表木彫義公面
発掘情報いばらき((財)茨城県教育財団 埋蔵文化財部)  茨城県立歴史館  国立公文書館  国立国会図書館
東京都文京区  神奈川県鎌倉市横浜市鶴見区金沢区
戻る  トップページ>『太田氏概説』  『太田氏系圖(PDF)』   『Profile』  『故地』  『先祖調査メモ』>『水府系纂目録』
元禄時代の我が家』  『江戸中期の我が家』  『江戸後期の我が家』  『太田氏概説(PDF)』  『歴史年表(PDF)

Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.