小石川後楽園
私の先祖の彫刻が昭和20年(1945)まで残っていました。Googleマップ 東條太田城跡
沿革:
山水を好む水戸初代藩主徳川頼房(威公)は中屋敷とすべく徳太寺左兵衞(とくだいじ さひょうえ)に庭園の適地を選定させ、寛永6年(1629)閏2月朔、頼房の甥で親密な3代将軍徳川家光(
Note 1)より小石川に76,689坪を賜わる。この地は樹齢数百年の喬木が鬱蒼と茂り、沼地、丘陵、田畑があり好適だったという。頼房は左兵衛に作庭を命じ、自然地形と樹木を利用した初期の庭園と屋敷が同年9月28日に竣工。頼房は代官町の屋敷から公居をここへ移す。家光は寛永10年(1633)3月、寛永13年(1636)9月、寛永17年(1640)10月、正保元年(1644)3月に来訪し作庭に助言。頼房は寛永17年(1640)3月に儒学者林羅山を庭園に召し築山一帯を小廬山(しょうろざん)と命名せしめる(Note 2)。
寛文元年(1661)、徳川光圀(義公)が2代藩主となると、「父頼房と将軍家光の努力で成った庭園ゆえ一木一石と雖もみだりに改修せず」としつつも適切な潤色を行なって庭園を完成させ上屋敷とする。
寛文5年(1665)6月、光圀は明から亡命して長崎にいた儒学者朱舜水(しゅ しゅんすい)(1600年11月17日-1682年5月24日(天和2年4月17日))の下へ史局(後の彰考館)員の小宅処斎を派遣して招聘。同年7月、舜水は江戸へ移住し水戸藩駒込別邸に住む。光圀は舜水が逝去するまで師事。庭園の潤色に舜水の意見を採用。「後樂園」は舜水の命名。宋の范文正の『岳陽楼記』に記された「士當先天下憂而憂後天下之樂而樂(士はまさに天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ)」による。
上屋敷書院側庭園を内庭(うちにわ)、唐門の向こうを後園と呼び、光圀は後園、すなわち後樂園を江戸市民に解放した(元禄13年(1700)の光圀没後、元禄末期に開放中止)。
「後樂記事(
Note 3)」によれば、唐門扁額の題字「後樂園」は朱舜水の筆にして太田九藏(一有)が彫刻せるものとされる。舜水が後樂園と命名したのは寛文8年(1668)4月8日より後、寛文9年(1669)3月19日以前とされるので、太田九藏(一有)唐門扁額の題字を彫刻したのは、この時期となる。
半円形を成す石橋「円月橋」は舜水の設計と指導により梓人(
Note 4)駒橋嘉兵衞が築造。8代将軍徳川吉宗が江戸城吹上庭に模造を計画して石工に円月橋を見学させたが、ついに理解し得なかったという。
ちなみに得仁堂に祀られる伯夷・叔斉の像は前田助(介)十郎の作とされる。太田九藏(一有)と前田介十郎は、共に光圀が西山荘へ隠棲するにあたり帯同する細工人。光圀假面彫刻も二人で行なったし、ライバルであり生涯の友であっただろう。
元禄13年(1700)5代将軍徳川綱吉が来訪のおり、添地として11,094坪を賜わり邸地は合計87,783坪となる(現在の小石川後楽園の敷地は約2万1千坪)。
その後の庭園は、代々の藩主が不適切な改修を行なって荒廃した時期もあったが、江戸後期には復旧した。ところが10代慶篤(粛公)の時代には政治的動揺と天変地異が相次いだため再び廃頽した。
荒廃した状態で迎えた明治期には小石川藩邸が陸軍の施設となったために後樂園は地積を狭め、東京砲兵工廠の工場から排出される煤煙で樹木が枯死する被害を受けたが、逆に陸軍の管理下に置かれたため庭園の保存は良く行なわれた。
大正12年9月1日の関東大震災では午前11時58分の第1回目の揺れと、その後の複数回の余震が破壊を増長せしめた。石灯籠はすべて倒れ、多くの建造物が倒壊した。唐門は倒壊に至らなかったものの少し傾斜し、各所に緩みを生じたため支柱で倒壊を防いだ。南約50 mにあった材料庫と倉庫が焼失したが唐門は類焼を免れた。
このように、創建時の姿を維持してきた唐門も、大東亜戦争(太平洋戦争)の空襲(
Note 5)によりついに焼失。
【情報引用: (旧)文部省「名勝調査報告書」 第三輯 調査者: (旧)文部省嘱託 吉永義信 昭和12年(1937)3月30日発行】

Note 1: 水戸紀年では台徳公(2代将軍徳川秀忠)となっていますが、この時点の将軍である家光としました。秀忠は元和9年(1623)に嫡男家光に将軍職を譲ったものの父家康と同じく大御所として実権を握り続け寛永9年1月24日(1632年3月14日)に没するまで3代将軍家光との二元政治を行ないました。したがって、家光が父秀忠の承認を得て小石川の土地を頼房に与えたものと推測します。
Note 2: 園内説明板より「中国の名勝地『廬山(Note 2.1)』にちなみ、京都の清水寺一帯が小廬山と呼ばれている。大堰川上流の景色が京都の清水に似ていることから藩祖頼房の求めにより寛永17年に林羅山が『小廬山』と名づけた。現在は、オカメザサに覆われた丘のことを小廬山と呼んでいる。」
Note 2.1: 広辞苑によれば 廬山(ろざん) = (Lu Shan)中国、江西省の北部にある名山。九江の南、鄱陽(はよう)湖と長江とに臨む。標高1474メートル。景勝の地、また、仏教の霊跡。李渤の白鹿洞書院、陶潜の靖節書院、香炉峰の古跡がある。匡山。南障山。匡廬。
Note 3: 「後樂記事」 = 元文元年(1736) 源信興著
Note 4: 広辞苑によれば 梓人(しじん) = 大工の棟梁。工匠。
Note 5: 東京は100回を越える空襲を受けました。唐門が焼けたのは、小石川一帯が甚大な被害を被った昭和20年(1945)5月25日夜半の空襲のときと推測します。
唐門の写真(の写真) 『唐門の写真(の写真)』
唐門は大東亜戦争(太平洋戦争)の空襲で昭和20年(1945)に焼失してしまったそうです。現在の駒札(説明板)の写真部分をクローズアップで撮影しました。唐門右脇の駒札に「彫刻 太田九藏」と見えます。
大きい写真はこちら(約9 MB)
唐門跡説明板 『唐門跡説明板』
現在の説明板です。
説明板左方の写真を撮ったのが上の写真です。
唐門跡説明板英語部分のアップ 『唐門跡説明板英語部分のアップ』
現在の説明板の英語部分のアップです。
唐門跡 正面 内庭(上屋敷書院)側 その1 『唐門跡 正面 内庭(上屋敷書院)側 その1』
この礎石の上に唐門がありました。
唐門跡 正面 内庭(上屋敷書院)側 その2 『唐門跡 正面 内庭(上屋敷書院)側 その2』
この礎石の上に唐門がありました。
唐門跡 背後 後楽園側 その1 『唐門跡 背後 後楽園側 その1』
この礎石の上に唐門がありました。
書院方向、すなわち内庭方向を見ています。
内庭から唐門(跡)を臨む 『内庭から唐門(跡)を臨む』
池の向こうの正面に、昭和20年(1945)までは唐門がありました。
唐門跡 背後 後楽園側 その2 『唐門跡 背後 後楽園側 その2』
この礎石の上に唐門がありました。
唐門跡 背後 後楽園側 その3 『唐門跡 背後 後楽園側 その3』
この礎石の上に唐門がありました。
小石川上屋敷書院庭園の説明 『小石川上屋敷書院庭園の説明』
小石川上屋敷書院側を内庭(うちにわ)、唐門を入った先の後楽園側を後園(後楽園)と呼ぶそうです。

遊園地と東京ドーム 『遊園地と東京ドーム』
丸ノ内線後楽園駅から東京ドーム方向へ向かいます。
遊園地は、東京ドームシティ アトラクションズ(旧 後楽園ゆうえんち)です。
東京ドームと小石川後楽園 『東京ドームと小石川後楽園』
左側の東京ドームには入らず、写真中央の木がこんもり繁っている隣の小石川後楽園へ。
小石川後楽園の長い築地塀 『小石川後楽園北側の長い築地塀』
長い長い築地の向こう端を左折して、入口はまだ先です。
小石川後楽園の築地塀石積説明 『小石川後楽園築地塀石積の説明』
築地塀の一部に、江戸城外堀址から出土した石垣の一部を利用したそうです。
小石川後楽園ご案内 『小石川後楽園ご案内』
やっと到着。
小石川後楽園入口 『小石川後楽園入口』
私の入園料は\150でした。
小石川後楽園 園内 『小石川後楽園 園内』
高層ビルが見えるため都会であることが分かりますが、手入れが行き届いて、とてもいい雰囲気です。
小石川後楽園 ハス池と小廬山 『小石川後楽園 ハス池と小廬山』
ハスの花の季節にも来たいと思います。左に小廬山が見えます。
我が家の小廬山はこちら
小石川後楽園 曼珠沙華 『小石川後楽園 曼珠沙華』
見ごろです。
水戸徳川家ゆかりの鎌倉英勝寺の曼珠沙華はこちら。有名な埼玉県巾着田の曼珠沙華はこちら
小石川後楽園パンフレット 『小石川後楽園パンフレット』
読みづらいときはPDFファイル(約12 MB)をご覧ください。拡大することができます。
水戸産のお土産 『水戸産のお土産』
水戸を応援するために5千円超も買ってきました。
戻る  トップページ>『特集』>『小石川後楽園』  『水府系纂目録』>『』(太田氏)・『』(前田氏)
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.