『慶應元年十月廿五日夜於牢屋敷死刑申渡状』
『慶應元年十月廿五日夜於牢屋敷死刑申渡状』 太田 修 所蔵 (445 mm x 150 mm)(画像をクリックすると大きい画像ファイルが開きます(約11 MB)。)

※永牢の太田氏(左端)が大田藏吉となっています。下の南梁年録では太田九蔵です。「太田九蔵藏吉歳就」ですので、同一人物です。


『慶應元年十月廿五日の一件』殉難者名簿
『慶應(慶応)元年10月25日の一件』殉難者名簿
慶應元年十月廿五日夜於牢屋敷死罪
元若年寄 岡田新太郎
同人叔父 岡田損藏
美濃部又五郎
平太郎事 三浦贇男
岡部城之介
忠藏次男 岡部雅樂吉
元大番 武藤善吉
那須寅藏
小山田任之允 
高橋重太夫
有賀半蔵
柿栖次郎衞門 
齊藤市右衞門 
信平倅 津田豐太郎
吉見喜代八郎 
安藤木工之進 
小林六衞門
寺社方勤元締 斬死 水野哲太郎
御細工人 永牢 太田九藏
出典: 『南梁年録 巻87』(小宮山南梁編纂 国立国会図書館蔵)の一部

                        
                        
                             廿
                                
                                            
      
        
                                        
            
        
                  
                              
                                            
   46         35 29   39 23 35 24 23 24 50   20 60 47 22 26  
翻刻出典: 『茨城県史料 幕末編Ⅲ』(茨城県発行 茨城県歴史館編集)より転記(一部加筆・修正(赤文字部分))(数字は年齢「DL新八」より引用(Note 0))

上段の『死刑申渡状』に於ける「永牢 大田藏吉」と、下段の『南梁年録 巻87』に於ける「永牢 細工人 太田九藏」は同一人物で、私の高祖父太田九藏藏吉歳就46歳です(Note 1))。
我が家には、つぎの口碑があります。「藏吉は天狗争乱で悲惨な目に遭った。藏吉が(慶應元年十月廿五日夜の一件に)連座させられたのは妬みからの讒言による。」
このとき、妻のきむは32歳、長男捨吉は2歳(満1歳)でした。きむは大正7年(1918)、捨吉は大正8年(1919)まで生きますから、この頃の状況は捨吉はもちろん、その妻ゑい(私の曾祖母)、子の(私の祖父)、弟の茂(私の大叔父)にも充分に伝わっていたはずです。
私が全く興味を示さなかったため、曾祖母のゑいからはもとより(私は幼児でしたから)、祖父の温からも大叔父の茂からも当時の様子を直接聞いたことがないのがたいへん残念です。上記の口碑を含む当時の状況は、最近になって茂の長女から聞きました。
藏吉は、水戸9代藩主徳川齋昭(烈公)から家紋大小(PDF)を下賜されたことを周囲から妬まれたのでしょうか。藏吉は天狗党構成員ではなかったようですが、齋昭に取り立てられたということは改革派側に身を置いていたはずです。
赤沼牢屋敷の場所には佐竹氏の時代から牢があり、処刑は吉沼や千束原で行なわれたそうです。しかし、幕末の諸生派と天狗党の争乱期には、ここ赤沼牢屋敷内でも処刑が行なわれました。ここで処刑された者、300余と言われ、上記の18名も含まれます。Googleマップ 元禄時代の我が家

『慶應(慶応)元年10月25日(1865年12月12日)の一件』
同年(1865)2月から4月に天狗党の主力を壊滅させた(『歴史年表(PDF)』1865年に詳細)諸生派が、生き残った藩政改革激派と、さらには鎮派(ちんぱ)までも一気に抹殺するため水戸赤沼牢屋敷に於て、この日の夜に決行した暴挙であり、犠牲者は上の名簿のとおり死罪17名、斬死1名、そして永牢1名です。
この事件は幕府にも衝撃を与え、「幕府は水戸藩内の動揺を憂慮して穏健政策に転じ、水戸10代藩主德川慶篤は遠山熊之介重明を側用人見習いに抜擢。幽囚人を自宅謹慎とし、遠山ら鎮派を藩政に参加させて藩政刷新を目論んだ」とのことです。しかし、うまくは行かなかったようです。
藏吉は、2年後の慶応3年(1867)に48歳で没しました。長倉こつねさんのサイト「DL新八」の『水戸の獄で処刑、獄死、病死した者』(
Note 3)に太田九藏がリストアップされていないので、幕府の介入により自宅謹慎となった後で没したようではありますが、享年が48歳ということを考えますと政治犯として投獄されたことによる心身へのダメージが寿命を縮めたのは確かです。
天狗争乱は、水戸10代藩主徳川慶篤や附家老の中山備中守信微では全くコントロールできず、幕府さえ右往左往する中で暴走状態に陥ったもので、天狗党に敵対する諸生派にあっても自己の既得権益を守るためだけで戦ったわけではないでしょう。
天狗争乱は、諸生派と改革派の後裔が悲しみを共有すべき水戸藩史最大の悲劇(
Note 2)です。水戸では、いまだに両派のご子孫の間にわだかまりが残るそうです。子孫間の対立は、何としても解消したいものです。
我が家は諸生派と改革派、両派に接点があることからも、子孫の私は何れにも敵対心を抱き得ません。

『天狗争乱』
a) 水戸藩の改革激派(尊攘過激派)を主たるメンバーとする天狗党と、対して同じく水戸藩の保守・門閥派を中心とする諸生派に分かれて殺し合い、終熄するまで5年間に渡った抗争。「天狗党の乱」、また元治元年(甲子)の挙兵ということから「元治甲子の争乱」または「子年のお騒ぎ」とも称される。当初は水戸藩士同士の騒乱だったが、領民や他藩士も巻き込んで拡大した。
元治元年(1864)3月27日、天狗党の藤田小四郎らが筑波山に挙兵。朝廷に尊皇・攘夷を訴えるため、水戸藩出身の一橋慶喜を頼り北陸経由で京都を目指して西上。各地で転戦しつつ進軍する。
しかし、元治元年(1864)12月、一橋慶喜に見捨てられたことを知って加賀藩に投降。翌慶應元年(1865)2月、幕府若年寄田沼意尊の命により敦賀で合計352人が、3月には水戸で武田耕雲齋の家族が、そして4月には常陸の古河で29名が、それぞれ斬首される。さらに諸生派は駄目押しとして、残る改革派を一掃するため「慶應元年10月25日の一件」を決行した。殉難者には、鎮派と呼ばれる穏やかな改革派までもが含まれる。
しかし、諸生派の世も長くは続かず、諸生派の後ろ盾になっていた幕府が明治元年(1868)の戊辰戦争で敗退すると、天狗党が水戸藩政を奪還。今度は天狗党が諸生派への復讐を開始。明治2年(1869)2月26日に市川三左衞門弘美が潜伏中の江戸で捕縛され、同年4月3日処刑「叛逆無道重々不届き至極大胆の致し方に付、後昆の誠として上下御町引き回し生き晒しの上、長岡原に於て逆磔に行ふ者也」。これを以て天狗争乱終熄。ただし、終熄は表面的なものであり、諸生派の人達は天狗一色となった水戸には長期間戻れなかったそうです。
b) 天狗党 = 藩政改革派?  必ずしもそうではないが、藩政改革派の、中でも激派と呼ばれる人達の多くが天狗党に参加した。
  諸生派 = 保守・門閥派? それに近い。
藩政改革派も保守・門閥派も、下士(我が家を含む)を取り立てて自派に取り込んでいた。
※ちなみに、天狗党に対立した諸生
は、諸生と呼ばれることがありますが、自ら諸生党と称することはなかったようです。
c) 当初は藩政改革を目的に集合した天狗党だが、筑波山で挙兵したときには既に幕府に攘夷を実行させることが目的になっていた。
d) 水戸2代藩主德川光圀時代から水戸藩で育まれた「水戸学」が薩長土肥へ影響を与え、明治維新の大きな原動力になった。
  惜しむらくは、せっかく水戸が維新の先魁になったのに、天狗争乱で改革派、保守・門閥派ともに逸材を失って維新政府に参画させる人材が枯渇し、慶應3年(1867)11月15日には土佐の坂本龍馬が京都近江屋で薩長(?)の放った刺客に暗殺されて、結果的に維新政府は薩長の「いいとこ取り」になったと言われる。

幕末の状況は、それが最近のことだけに、信頼すべき多くの記録が残っています。
司馬遼太郎、吉村昭、童門冬二、各氏の著書を含め、鈴木荘一さんの著書『勝ち組が消した開国の真実』も、それらの記録に基づいています。
なお、天狗争乱の背景や一部始終は長倉こつねさんの『DL新八(
Note 3)』に極めて詳細に掲載されています。そのご努力に敬意を表するとともに、情報提供に感謝しております。

Note 1: 『南梁年録』と『死刑申渡状』に於いて、慚死の水野哲太郎信順様と永牢の太田九蔵歳就は同一ですが死罪(死刑)の部分は人数に差異があります。その辺りを探るのは気が重くて、当面は立ち入らないことにします。また、私には『死刑申渡状』の右側に書かれている文字は武田伊賀(耕雲齋)以外が読めません。もし、どなたかご教示賜われましたらありがたいです。メールはこちらです。
Note 2: 水戸領民にとっては、天狗争乱もさることながら「生瀬一揆」が最大の悲劇であると、私は思います。

外部リンク: 日本近代史を見直す勝ち組が消した開国の真実
Note 3: DL新八烈士殉難者名簿水戸の獄で処刑、獄死、病死した者
各地区公式サイト: 茨城県水戸市茨城県立歴史館  国立国会図書館

戻る  トップページ>『故地』>『慶応元年10月25日の一件』  『先祖調査メモ』>『水府系纂目録』>『』(太田氏)・『』(三宅氏)  『太田氏系圖(PDF)
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.