徳川 頼房 (とくがわ よりふさ) (Note 1)
父: 江戸幕府初代将軍徳川家康
母: 家康側室於万。養母は於梶(後の英勝院)。
生誕: 慶長8年8月10日(1603年9月15日)  場所: 伏見城
没年: 寛文元年7月29日(1661年8月23日) 享年: 59歳  場所: 水戸城
幼名: 鶴千代
諡: 威公
墓所: 瑞竜山

家康の十一男。
●慶長11年(1606) 常陸國下妻10万石藩主。
●慶長14年(1609) 常陸國水戸25万石初代藩主。
●慶長16年(1611) 元服して松平頼房と名乗る。これまで幼少のため駿府にいて家康の庇護を受ける。
●元和8年(1622) 3万石を加増され28万石。
●寛永6年閏2月朔(1629) 3代将軍徳川家光より小石川に宅地76,689坪を賜い中屋敷として造営(
Note 2)。同年9月28日に竣工し代官町の屋敷から公居を移す。
●寛永10年(1633)3月、寛永13年(1636)9月、寛永17年(1640)10月、正保元年(1644)3月に家光が小石川中屋敷へ来訪し作庭に助言。
●寛永13年(1636) 徳川賜姓により徳川頼房と名乗る。
●長男は讃岐高松藩主松平頼重。次男亀丸は夭逝。三男は水戸2代藩主となる徳川光圀。四男頼元は額田松平氏、五男頼隆は府中松平氏、六男頼雄は宍戸松平氏となる。
●寛永20年(1643) 養母英勝院の一周忌のため頼房は鎌倉英勝寺仏殿を改築し、祠堂唐門鐘楼を建立。長男で高松藩主となったばかりの松平頼重山門、その弟光圀墓塔を建立。
●寛文元年(1661)2月8日、就藩の命を受け同月就藩。
●同年6月に体調を崩し、7月29日、水戸城にて没す。

Note 1: 太田氏2代目の一有は、細工人太田九藏家として頼房に出仕しました。
Note 2: その後、小石川中屋敷は2代藩主徳川光圀が上屋敷として整備し、一部を「後楽園」と名付けて江戸市民に開放されました。

戻る  トップページ>『先祖調査メモ』>『水府系纂目録』>『』(太田氏)
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.