江戸時代後期の我が家と高祖母の実家

『江戸時代後期の我が家と高祖母の実家』 天保7年(1836)9月10日以降の古地図 水戸市新荘3丁目2丁目 Googleマップ 旧 花小路&楓小路 天保7年(1836)~大正9年(1920) 84年間在住
花小路の「太田九藏」が我が家、楓小路の「三宅八三郎」が私の高祖母きむの実家です。

この一帯は、新屋敷と呼ばれました。水戸9代藩主徳川齋昭によって天保7年(1836)9月10日に屋敷割りが成された後、遅くとも天保10年(1839)9月21日までに天王町からこの地へ引っ越して来て、84年間も住むことになります。
引っ越し当初は、太田九藏歳松(7代目)/千賀夫妻と、子の九藏藏吉歳就(私の高祖父)、その姉が住みました。
藏吉は文久元年(1861)に近所の三宅八三郎家から五女の「きむ」を娶り、元治元年(1864)に私の曾祖父捨吉(9代目)が誕生します。エビデンスはこちら
幕末の天狗争乱、明治維新の荒波をこの地で体験し、太田家の存続に貢献したきむが大正7年(1918)、捨吉が大正8年(1919)に相次いで没すると、大正9年(1920)頃に曾祖母ゑい・祖父・その弟、すなわち大叔父の茂は横濱へ転居します。
私は茨城県に住んだことがありませんが、結婚するまで本籍地が上の古地図の「太田九藏」の場所でした。

外部リンク
各地区公式サイト: 茨城県水戸市

戻る  トップページ>『故地』>『元禄時代の我が家』・『江戸時代中期の我が家』・『江戸時代後期の我が家
先祖調査メモ』>『水府系纂目録』>『』(太田氏)・『』(三宅氏)  『太田氏系圖(PDF)

Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.