東條
忠幹、直幹三子、称東條五郎左衞門尉、居信太郡東條(系図)、善和歌(新和歌集 按東鏡(吾妻鏡)寛元四年(1246) 
有忠幹、蓋此人又按今河内郡太田是其拠) 有子曰光幹、
光幹称兵部丞(系図)、亦善和歌(新和歌集 按集中又有 平時幹平幹縄蓋皆同族)、有子、清幹、
清幹称孫五郎、文永中(1264~1275)人(鹿島大使役記(Note 1))、有子、曰宗幹、
宗幹称三郎、弘安中(1278~1288)人(同上(鹿島大使役記))、以後世次名称不詳、
興国二年(北朝暦応三年)(1340)、其族応北畠親房拠城、高師冬党攻之、挙族出降(別府文書白河文書)、
正平十七年(北朝貞治元年(1362) 鹿島大使役記)、正平二十一年(北朝貞治五年)(1366)、並有能登守(香取応安海夫注文)、
弘和二年(北朝永徳二年(1382))、有太郎(烟田文書)、
族有高田氏、応永十一年(1404)、為鹿島大使(大使役記 按関東兵乱記
嘉吉元年(1441) 結城城陥 土岐秀成 按龍崎右京高田太夫新発意太夫 或是東條族)
文安元年(1444)八月飯尾彦六左衞門尉為東條近江守書 貞永式目相伝 近江守信太東條人 果然則当時又近江守)
弘治中(1555~1558)、有英幹、称左近将監、有子曰英重、英重居泉(馴馬宝塔寺九輪塔題名)、
天正中(1573~1592)、有幹要、称兵庫(天正十六年(1588)三月誓書(または𦾔(旧)書)(Note 2))、
後子孫更氏太田(太田九藏系図 按鹿島郡鉾田石崎氏藏

直幹
長男 多気太郎義幹
次男 下妻四郎弘幹
三男 東條五郎左衞門尉忠幹
『常陸誌料』全35巻のうち『諸族譜』の『平氏譜 一』より東條氏の部分抜粋  宮本茶村編纂  国立公文書館蔵

東條
忠幹、直幹三子、称東條五郎左衞門尉、居信太郡東條
(系図)、善和歌(新和歌集 按東鏡(吾妻鏡)寛元四年(1246) 有忠幹、蓋此人又按今河内郡太田是其拠)有子曰光幹、光幹称兵部丞(系図)、亦善和歌(新和歌集 按集中又有 平時幹平幹縄蓋皆同族)、有子、清幹、清幹称孫五郎、文永中(1264~1275)(鹿島大使役記(Note 1))、有子、曰宗幹、宗幹称三郎、弘安中(1278~1288)(同上(鹿島大使役記))、以後世次名称不詳、興国二年(北朝暦応三年)(1340)、其族応北畠親房拠城、高師冬党攻之、挙族出降(別府文書白河文書)、正平十七年(北朝貞治元年(1362) 鹿島大使役記)、二十一年(北朝貞治五年)(1366)、並有能登守(香取応安海夫注文)、弘和二年(北朝永徳二年(1382))、有太郎(烟田文書)、弘治中(1555~1558)、有英幹、称左近将監、有子曰英重、英重居泉(馴馬宝塔寺九輪塔題名)天正中(1573~1592)、有幹要、称兵庫(天正十六年(1588)三月誓書(Note 2))、後子孫更氏太田(Note 3)(太田九藏系図 按鹿島郡鉾田石崎氏藏(Note 4) 文安元年(1444)八月飯尾彦六左衞門尉(Note 5)為東條近江守書 貞永式目(Note 6)相伝 近江守信太東條人 果然則当時又近江守)
 族有高田氏、応永十一年
(1404)、為鹿島大使(大使役記 按関東兵乱記 嘉吉元年(1441) 結城城陥 土岐秀成 按龍崎右京高田太夫新発意太夫 或是東條族)

翻刻: 太田 修 (
赤文字部分が、東條氏と我が家(『太田氏系圖(PDF)』)がつながる部分です。)

Note 1: 鹿島大使役記(かしまだいしえきき)と常陸平氏
鹿島神宮で毎年7月に行なわれる例大祭は朝廷が派遣する勅使が大使役を務めて祭礼が執り行なわれていましたが、中世になると朝廷の財政事情の都合で在地の常陸大掾が大使役を務めるように改められました。常陸平氏7家(鹿島・吉田・行方・大掾・真壁・小栗・東條)で毎年順番に担当し、国府の大掾氏以外が大使役を務める場合は、臨時に大掾職が与えられたそうです。常陸平氏以外を排除することで一族の結束が図られ、外部に対しては常陸平氏の権威を示す効果がありました。
年と家名をリストアップしたのが『鹿島大使役記(かしまだいしえきき)』で、大使役を務めるには相当の財力が必要ですから、その家が健在か否かを量ることができます。
このように団結を誇示した常陸平氏ですが個々の家の間では争いが絶えなかったようで、南北朝内乱期には東條氏のように南朝方として挙兵する家と、鹿島氏を中心に北朝方に与する家が合戦を交えました。さらに、とりわけ領地問題でのいざこざは続きます。例えば永徳2年(1382)、常陸平氏烟田重幹は「常陸大掾入道・真壁刑部大夫入道・東條能登入道らが梶原貞景と同心して鳥栖を横領している」との言上状により鎌倉府に訴えており、訴えた側も訴えられた側も常陸平氏です。
Note 2: 東條氏は南北朝内乱期に南朝を支持して挙兵し敗北するものの、しばらくは東條能登守が頑張って勢力が維持されました。しかし、佐竹氏や小田氏に侵略され、衰退した東條氏は天文年間(1532~1555)に土岐氏の麾下に入りました。土岐氏は東條氏の代替わりに臣従を約する誓書を東條氏から提出させたのかもしれません。天正16年(1588)3月に東條兵庫幹要が書いた誓書を、鉾田の石崎氏方で宮本茶村が参照しています。
Note 3: ここで、我が家の『太田氏系圖(PDF)』につながります。
Note 4: 鉾田町史編纂室(当時)の方によれば、鉾田の石崎氏は吉見氏に改姓されたそうです。さらに、「石崎氏から改姓した吉見氏方に現在は『太田九藏系図』も『貞永式目』も伝わっていない」とご教示下さいました。宮本茶村が参照した『太田九藏系圖』は、江戸後期以降に散逸してしまったようです。
Note 5: 『飯尾彦六左衞門尉為東條近江守書』の飯尾氏は、約33年後に「應仁(応仁)の乱」(Note 7)で焼け野原となった京都の惨状を哀れんで、「汝(なれ)や知る 都は野辺の夕雲雀(ゆうひばり)あがるを見ても落つる涙は」と詠んだ飯尾彦六左衞門尉常房と思われます。
飯尾彦六左衞門尉常房 = 阿波國守護であった細川成之の家臣であり、斉藤道三の父と言われる(異説あり)。文明17年(1485)閏3月23日没。64歳。
Note 6: 貞永式目 = 御成敗式目 = 1232年(貞永1)北条泰時が承久の乱後の当面する政治・法制の諸問題に対処するために編纂した51ヵ条の法典。室町時代に至るまで武家の根本法。江戸時代には習字手本として民間に普及。貞永(じょうえい)式目。(広辞苑)
Note 7: 応仁の乱 = 応仁元~文明9年(1467~77)足利将軍家および管領畠山・斯波両家の相続問題をきっかけとして、東軍細川勝元と西軍とがそれぞれ諸大名を引き入れて京都を中心に対抗した大乱。京都は戦乱の巷となり、幕府の権威は全く地におち、社会・文化を含めて大きな時代の画期となった。応仁文明の乱。(広辞苑)

外部リンク
各地区公式サイト: 茨城県稲敷市水戸市鉾田市潮来市  国立公文書館

戻る  トップページ>『故地』>『『常陸誌料 平氏譜 一』』・『東條太田城跡 Since 2014』・『太田氏概説』・『先祖調査メモ』・『Profile』・『宮本茶村
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.