日本の旗日 「国民の祝日」

日本の旗日(はたび)、すなわち「国民の祝日」については下記のとおりです。
[ ]( )内は平成30(2018)年

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)
最終改正 平成26年5月30日法律第43号
平成28年1月1日施行
第1条
自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

第2条
「国民の祝日」を次のように定める。
元日 1月1日 年のはじめを祝う。
成人の日 1月の第2月曜日
[8日] おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日
[2月11日(2月12日が振替休日)] 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 (3月20日または21日)
[21日] 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 4月29日
(4月30日が振替休日) 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 7月第3月曜日
[16日] 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 9月第3月曜日
[17日] 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 (9月22日または23日)
[23日(9月24日が振替休日)] 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
体育の日 10月第2月曜日
[8日] スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 12月23日
(12月24日が振替休日) 天皇の誕生日を祝う。

第3条
①「国民の祝日」は、休日とする。
②「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
③その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

外部リンク: 内閣府ホーム内閣府の政策制度国民の祝日について


平成31年の現天皇・皇后両陛下の譲位に伴う状況(平成29年12月22日現在)
平成31年(2019)4月30日: 譲位して上皇・上皇后
新元号元年(2019)5月1日: 現皇太子・皇太子妃が即位 (この日を祝日か休日とする方向)
以後の2月23日: 天皇誕生日
以後の12月23日: 当面平日とする方向

【国旗掲揚いろは】
い 国旗は国の象徴なので取扱いを丁寧に。
ろ 掲揚は入口から外へ向けて右側に。
は 掲揚は日の出から日の入りまで。
附記: 旗は、可能な限り旗竿の先端に結びましょう。そうでないと半旗になってしまいます。

日本のお正月についてはこちら

戻る  トップページ  『日本の旗日 「国民の祝日」
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.