リグ 1980

『リグ 1980』 我が家 JCC: 110108 Googleマップ 金沢区富岡西 1980年5月4日撮影
当時のリグです。左端は日新電子 パナスカイマーク6 (通称 パナ6) (50MHz AM機(自作のFMユニット追加))、その右がトリオ TS-770 (144/430MHz デュアルバンド オールモード機)、右端がトリオ TS-120S(HF 100W機)で、その下の黒いのがTS-120S用電源のトリオ PS-30です。
その後、パナ6はVFOのQRHがひどくて使いものにならなくなり、TS-770は何か(ダイアルのエンコーダだったか?)が壊れてダメ。TS-120Sはバンド切り換え用ロータリースイッチの軸が固着してしまってダメ。現在も健在なものはTS-120S用の電源(PS-30)のみです・・・これが優れものでして、いまも大活躍しております。古いのでケミコンの電解液が乾いて容量抜けのはずですが不具合を感じないため、この2台の電源として現用中です。2台同時には送信しませんので20A max.でも使えます。スイッチングタイプの電源はノイズが問題になりますが、PS-30はシリーズタイプのためノイズは皆無です。
2018年6月のコメント: 電源が壊れました。修理しようとしましたがパワートランジスタを交換すれば済む程度ではなさそうですし、作るには重いトランスを買わなければなりませんので、第一電波工業(ダイヤモンド)のGSV3000という、シリーズ方式の電源を購入しました。取説はこちら(PDF)(2.3MB)
この電源は、ネットで検索しますと最大定格を僅かでも超えると整流器が壊れることがあるようですので心しておきます。この価格に抑えるには optimized design です。しかし、ユーザとしましてはもう少しだけ余裕をもたせていただければベストです。しかしまた、100W機1台分には必要にして充分な仕様ですし、内部温度に応じて回転数が変化する冷却ファンの制御は快適です。無負荷時にも遅く回転するファンの音が気になるという指摘もありますが、私の場合は気にすれば聞こえる程度ですので問題ないと思います。ですが、「内部温度に応じて回転数を制御している」のですから、内部温度が上がっていなければ回転を止めてもいいかもしれません。

机上の左端はHPのプログラム電卓(磁気カードリーダとプリンタ内蔵で、ものすごく高価でした)。右端はローテータのコントローラで、エモテータです。モータ周りで漏電するようになり漏電ブレーカが落ちるため、100V/100Vの絶縁トランスを介して長期間使っていました。
上の段の測定器はこちら

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『リグ 1980
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.