JA1AWN & JA1POPとPOPの妹

『JA1AWN & JA1POPとPOPの妹』 当時の我が家の近所(横浜市鶴見区生麦町(後に岸谷)) Googleマップ 金沢区富岡西 1958年5月撮影
JA1AWN 羽賀さんと、私(10歳。この時点では未開局。6年後にJA1POP開局)、そして私の妹です。我が家に下宿していた谷口さんが羽賀さんの友人で、ここへ連れてきて下さいました。この写真は谷口さんが撮ってくれました。
アパートの敷地が広くて7MHz用のダイポールが上がっており、給電はハシゴフィーダです。送信機の終段は807か813です。この写真の私の左肩の辺りから垂直に伸びている影が7MHz用ダイポールの支柱です。ダイポールは写真の右手前方向に張られているので、右上から左下方向への薄い影がハシゴフィーダのようです。1階の右端の部屋へ引き込んでいます。

近所に住む大叔父(祖父の弟)が戦前からラジオを作っていたことと、JA1AWN 羽賀さんと巡り会えたことがHAMになる切っ掛けとなりました。
二人とも「ハムになったらどう?」というようなことは一切言いませんでいたが、大叔父はエナメル線、リッツ線、鉱石(方鉛鉱に針を突き立てる本物)その他、いろいろの物をくれるし、羽賀さんはシャックに招いてくれてリグの説明から始まりワクワクするような話をして下さいましたので、いつしかラジオ作りに夢中になっていました。中学に上がった頃には送信機まで作り、アンテナは7MHz用と、そして3.5MHz用のλ/2ダイポールまで建ててしまいました。上の写真の撮影者の背後にはJA1FHC 室田さん宅があります。上の写真を撮影した頃は室田さんはまだ開局されていなかったと思いますが、この一帯はHAMの人口密度が高いです。そんな中で私や友人が騒いでいたのですから、さぞ迷惑だったことでしょう。
中学生の頃の友人はこちら。最近の我が家のアンテナはこちら

羽賀さんはその後、同じ鶴見区内のJA1AI 稲葉さんの隣接地を購入されて今もお住まいになっています。丘の上ですからロケーションが抜群です。最近のJA1AI 稲葉さんはこちら(の中の1人。最近の写真なので、これ以上は非開示。)

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『JA1AWN & JA1POPとPOPの妹
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.