リバティ島から望むマンハッタン島の遠景 2004

『リバティ島から望むマンハッタン島の遠景 2004』 ニューヨーク Googleマップ 米国NYリバティ島  2004年6月5日撮影  日本との時差はこちら。ニューヨーク州の位置はこちら
カメラ機種名: Fuji Film FinePix S5000, レンズ: カメラ一体型 35mm換算37~370mmズーム, 焦点距離:たぶん37mm, Tv (シャッター速度): 1/680, Av (絞り数値): 6.3,ISO感度: 160, 画像サイズ: 1600x1200を1024x768にリサイズ

写真にマウスカーソルを置くと、同一アングルでの10倍ズームアップ写真に入れ替わります。さすがに光学10倍は威力があります。
カメラ機種名: Fuji Film FinePix S5000, レンズ: カメラ一体型 35mm換算37~370mmズーム, 焦点距離:たぶん370mm, Tv (シャッター速度): 1/600, Av (絞り数値): 5.6, ISO感度: 160, 画像サイズ: 1600x1200を1024x768にリサイズ

リバティ島には自由の女神があります。写真の左端に茶色く見えるのは自由の女神の台座で、そのすぐ右が、エリス島です。
エリス島には1892(明治25)年から1954(昭和29年)まで米国連邦政府移民局が設置され、ヨーロッパなどからの移民が最初に上陸して手続きを行ないました。現在は、移民局博物館として公開されています。
エリス島の茶色のお城のような建物が、移民局博物館です。上の写真で、あたかもエリス島に建っているように見える高層ビルは、エリス島の向こう側、ニュージャージー州のものです。
エンパイアステートビルは画面のほぼ中央、右端はウォール街のビル群です。そのビル群の手前に見える林がバッテリーパークです。右手に6人ほどがいる、その上あたりです。
リバティ島へは、バッテリーパークからフェリーで15分程度です。そのフェリーはエリス島にも寄港しますので、降りないでいればリバティ島へ来ることができます。
2001(平成13)年9月11日の朝までは、ウォール街の左手、赤い服の人の上あたりにひときわ高く2棟の世界貿易センタービル(ツインタワー)がそびえていました。2004年10月の時点での跡地の様子はこちら。ツインタワーの跡地に建設中の1WTC (One Warld Trade Center) はこちら
上の写真では、マンハッタン島の南半部が見えています。マンハッタン島の反対側から見た写真はこちら。もっと遠くから見たマンハッタンはこちら

ここはアッパーニューヨーク湾、ハドソン川の河口部に位置します。
リバティ島もエリス島も地理的にはニュージャージー州から至近距離ですが、どちらもニューヨーク州に属します。

外部リンク: MTA (The Metropolitan Transportation Authority)LIRR (Long Island Rail Road)スケジュール・運賃
One World Trade Center  Empire State Buildingr  米国全般の情報  NY州政府  NY説明  マンハッタン地図  自由の女神  リバティ島・エリス島へのアクセスマップ

戻る  トップページ>『近況』>『リバティ島から望むマンハッタン島の遠景
特集』>『米国の首都と州都』・『米国の通貨』・『ステーキ特集』・『米国の標準時と時差ぼけ』・『米国のトイレ事情

Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.