ハゼラン特集
爆蘭(ハゼラン)、三時花(サンジカ)、三時草(サンジグサ)、花火草(ハナビグサ)と、多くの別名があります。
三時花、三時草の名は、午後3時に咲くことを意味しているそうです。
開花時刻に関する
観察記録
ほんとうに午後3時に咲くのか観察してみました。結果は、そのとおりでした。
ハゼラン ハゼラン クローズアップ』  我が家
直径約10 mmの可愛い花が無数に咲きます。
午前中のハゼラン密生部 午前中のハゼラン密生部』  我が家
太陽が高い位置になっても午後3時になるまで蕾は開かずにじっと待機しています。
午前中のハゼラン密生部 アップ 午前中のハゼラン密生部クローズアップ』  我が家
いまにも開きそうなピンクの蕾がたくさんあるのに、時刻を間違える蕾が一つもないのが不思議です。
午前中に開いてしまう蕾は一つもありません。
午後3時のハゼラン密生部 午後3時のハゼラン密生部クローズアップ』  我が家
午後2時頃になると開花してしまう、気が早い蕾もいくつかありますが極めて少数です。
午後3時±30分に一斉に開花するというのが全体を見た印象です。
午後3時半には当日分の蕾は、ほぼ開花し、
午後4時には開花が100%完了します。
ハゼランの「標本草」 ハゼランの標本草』  我が家
開花数のカウントを楽にするために、桜の開花宣言のための標本木ならぬハゼランの「標本草」を決めました。
戻る  トップページ>『特集』>『花鳥風月』>『ハゼラン特集
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.