モミジ(カエデ)の花

『モミジ(カエデ)の花』 我が家  2011年4月17日撮影
カメラ機種名: Canon EOS 5D Mark II, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 4.0, シャッター速度: 1/60, ISO感度: 100, 測光方式: 評価測光, 露出補正: 0, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 標準, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 標準, 周辺光量補正: する
レンズ: EF24-70mm f/2.8L USM, 焦点距離: 70.0mm, 画像サイズ: 5616x3744の3600x2400を1024x683にリサイズ


これまで気付きませんでしたが、モミジに花が咲いています。小さく可愛い花です。

[語句説明] 広辞苑によれば、つぎのとおりです。
●紅葉・黄葉(モミジ) = (上代にはモミチと清音。上代は「黄葉」、平安時代以後「紅葉」と書く例が多い)
①秋に、木の葉が赤や黄色に色付くこと。また、その葉。<季語: 秋>。万葉集(15)「秋山の-をかざし」
②カエデの別称。<季語: 秋>
③「もみじば」の略。
④襲(かさね)の色目。「雑事抄」によると、表は紅、裏は濃い蘇芳(すおう)。「雁衣抄」では表は赤。裏は濃い赤。
⑤(鹿にはもみじが取り合されるところから)鹿の肉。「-鍋」
⑥(関西で)妻のふすま。もみじご。
⑦茶を濃く味よくたてること。「紅葉(こうよう)」を「濃う好う」にかけたしゃれ。醒睡笑「お茶を-にたてよ。・・・ただこうようにといふ事なり」」

戻る  トップページ>『特集』>『花鳥風月』>『モミジ(カエデ)の花
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.