Sylvania 5722

『Sylvania 5722』 我が家 JCC: 110108 Googleマップ 金沢区富岡西 2016年7月30日 16:19:03 撮影
カメラ機種名: Canon EOS 5DS R, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 2.8, シャッター速度: 1/320, 測光方式: 評価測光, 露出補正: 0, ISO感度:1250, ホワイトバランス: オート(ホワイト優先), ピクチャースタイル: ディテール重視, 測距エリア選択モード: 任意選択, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 標準, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 強め, 周辺光量補正: する,色収差補正: する
レンズ: EF100mm f/2.8L Macro IS USM, 焦点距離 100.0mm, 画像サイズ: 8688x5792を1024x683にリサイズ


NF Merterの心臓部となるホワイトノイズ発生用真空管のSylvania社の5722という2極管です。
アノード(プレート)に流す直流電流に比例したホワイトノイズが発生しますので、直流電流計の値がすなわちノイズレベルということになります。
5722は、小さなMT管ではあってもVHF以上の波長と比較すればLとC成分を無視できませんので周波数特性がフラットにはならず、厳密には "ホワイト" ノイズではないのですが、UHFであっても受信機の感度が以前より良くなったとか悪くなったの比較をすることはできます。

外部リンク: JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)  JA1YJY 横浜鶴見クラブ  QRZ.com(JA1POP)  QRZCQ.com(JA1POP)  総務省電波利用ホームページ>…>無線局等情報検索「アマチュア局」JA1POP 固定局JA1POP 移動局

戻る  トップページ>『特集』>『HAM RADIO』>『Sylvania 5722
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.