上空から望む富士山 2017

『上空から望む富士山 2017』  撮影場所: 青木ヶ原樹海付近の上空約3万フィートより Googleマップ 河口湖から本栖湖  撮影日時 2017/11/25 12:55:11
カメラ機種名: Canon EOS-1D X Mark II, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 8.0, シャッター速度: 1/320, ISO感度: 100, 測光方式: 評価測光, 露出補正: 0, ホワイトバランス: オート(ホワイト優先), 測距エリア選択モード: 領域拡大AF:上下左右, ピクチャースタイル: ディテール重視, 長秒時露光のノイズ低減: 自動, 高感度撮影時のノイズ低減: 標準, 高輝度側・階調優先: しない, オートライティングオプティマイザ: 強め, 周辺光量補正: する, 色収差補正: する
レンズ: EF24-70mm f/2.8L II USM, 焦点距離: 57.0mm,画像サイズ: 5364x3576を1024x683にリサイズ


画面の左上に相模湾、上端、やや左の影は伊豆大島でしょうか。相模湾の手前に箱根連山と芦ノ湖、富士山の左にぽっかり浮かんでいる雲の向こうに御殿場市街、写真の右上に伊豆半島、その手前に駿河湾、富士山山頂の右手に愛鷹山(標高1504.2m)、写真中央付近に富士スバルラインが見えています。糸くずのように見える富士スバルラインの左端が五合目の駐車場(標高2305m)、右手の折り返し地点の先が大沢崩れです。山頂右端の最高峰剣ヶ峰(標高3776m)のすぐ手前から崩れているのがわかります。
写真の下、やや左に見える白い部分は、ふじてんスノーリゾートのようです。以上の位置関係から推測しますと、飛行機の現在位置は青木ヶ原樹海付近の上空ということになります。

ただいまJAL 609便 Boeing 767-800 で羽田空港から長崎へ向かっています。この辺りまで来ると上昇フェーズは最終段階となり3万フィート(約9千m)前後の巡航高度に近付きます。
写真にマウスカーソルを乗せると富士山がクローズアップされます。富士スバルラインと大沢崩れは、この画面の方が見やすいです。

この写真は、旅客機の窓ガラス越しということもあり若干眠い画像ではありますが、このときの帰りと2018年1月3日 & 5日の往復の際には富士山を見ることさえできませんでした。機上から富士山を撮れるか否かは天候に加えて飛行機の座席の位置に大きく左右されることを実感しています。
ところで、2017年11月と2018年正月の長崎往復は長崎で不幸があったためで、何れもJALのシニアー割りで行きました。65歳以上限定のシニアー割りは、空席の穴埋め用のサービスと理解します。予約はできず、空港に行った、その時点で空席があれば約6割引き(通常料金約4万円のところ約1万6千円)で乗れるという、たいへん不確実なものですが、JALも搭乗者もお互いにメリットがあると思います。
2017年11月は往復とも、空港に行った時点で次の便に空席があって、すぐに乗れました。
しかし2018年1月は、そう簡単には行きませんでした。1月3日の長崎行きは問題皆無だったものの、帰りの1月4日は49日法要が済んでから長崎空港へ行ったため空席なしで、近所のビジネスホテル泊。翌2018年1月5日の早朝に長崎空港へ行ったところ、間もなく搭乗できました。
このような場合、当然ではありますが1名のみですと、すぐに乗れる可能性が高いです。今回は我々夫婦と妻の姉1名でした。2018年1月4日に、その姉1名を優先しつつJALと重複してスカイマークでキャンセル待ちをしましたところ、「1名様なら」という申し出がスカイマークからあって、姉は4日に埼玉まで帰ることができました。我々夫婦は、あくまでも「2名一緒」ということですので、4日には羽田へ帰れず長崎空港近傍のビジネスホテルで1泊せざるを得ませんでした。それでも、安いですから心配ありません。たしか、2名で朝食付き合計\7,600でした。
翌1月5日早朝に長崎空港へ行きましたところ、その時点で最速の飛行機に搭乗することができました。
以上のことから、シニアー割りはスケジュール優先の場合には不適当ですが、年末/年始やお盆の時期を除けば活用すべきと思います。私のような65歳以上のじいさんと、私の妻のばあさんのように、長崎での葬式や49日法要(納骨)に間に合わせることは必須であるものの、帰宅はいつでもいいというケースには最適です。

外部リンク: 富士山表富士宮口登山組合  富士五湖.TV  (財)ふじよしだ観光振興サービス富士山レーダードーム館  フライトレーダー24(flight radar 24)
各地区公式サイト: 静岡県のサイト富士宮市

戻る  トップページ>『特集』>『富士・箱根』>『富士山』>『上空から望む富士山 2017
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.