腰切塚から望む富士山頂・宝永山・宝永火口

『腰切塚から望む富士山頂・宝永火口・宝永山』 撮影場所: 静岡県裾野市 富士山頂から南南東へ水平距離約7Km 宝永山からは約4Km 標高1496m地点 Googleマップ 富士山腰切塚 2009年1月2日撮影
カメラ機種名: Canon EOS 40D, 撮影モード: 絞り優先AE, 絞り数値: 16.0, シャッター速度: 1/750, ISO感度: 400, ホワイトバランス: オート
レンズ: EF70-200mm f/2.8L IS USM, 焦点距離: 70.0mm(35mm換算=112.0mm),画像サイズ:3888x2592を1024x683にリサイズ


左上方が富士山頂、その下の大きくえぐれている部分は宝永火口、右手の山が宝永山(
Note)です。
宝永山は富士山本体に寄り添っているため小山のようにしか見えませんが、標高2693mは立派な高山です。
宝永山は宝永火口から噴出したスコリア(黒っぽい軽石)が堆積してできているため崩落しやすく、山頂直下右側の斜面が崩落で急勾配になっています。
森林限界を超えていることと、僅か年しか経っていない山体なので植物が育ちにくいためか、宝永山には大きな木がありません。この一帯の森林限界は富士山の他の方向より低いように見えます。
もう少し引いた写真はこちら
宝永火口のすぐ左側の写真はこちら・・・標高2490mの富士山六合目から宝永火口への道と、富士山頂へ至る富士宮口登山道が見えます。

Note: 宝永山
今から年前、江戸時代の宝永4年(1707)12月16日から16日間続いた噴火で形成された、富士山本体南東にある側火山(寄生火山)で標高2693m。このときの三つの火口のうち、この写真の中央に見える宝永第一火口は直径約1000 m。手前に第二火口、やや右に第三火口。宝永山頂部の赤茶色の部分は宝永噴火のマグマに押し上げられた古富士火山の一部。
この噴火では溶岩の流出はなかったものの、軽石を含む大量の火山灰で甚大な被害。御殿場、小山、山北町一帯は最大3mに及ぶ火山灰が積もり壊滅的状況。江戸にも4cmの降灰。
現時点、これが富士山では最後の噴火です。
この噴火は、私の親戚の川上氏が水戸から鎌倉英勝寺に出張しているときに発生しました。鎌倉は16cm以上の降灰量でしたから、火山灰の処理がたいへんだったと想像します。

外部リンク: 富士五湖.TV  富士山表富士宮口登山組合
各地区公式サイト: 静岡県のサイト裾野市

戻る  トップページ>『特集』>『富士・箱根』>『富士山』>『腰切塚から望む富士山頂・宝永火口・宝永山
Copyright © 2002- Sam Ohta/JA1POP All Rights Reserved.